ご挨拶

愛知の社長.TV

理事長の動画

Buzip+愛知の社長.TV

無医村地区の為に開業して以来、「救急車は1台も断らない」というポリシーを貫いている。 人の為に尽力する心優しき医療のプロフェッショナルが医者を志した原点を明かす。

医療法人 医仁会 理事長|小林 勝正

理事長からのメッセージ

理事長|小林 勝正

Message from Katsumasa Kobayashi

健康でありたいという気持ちは誰も同じである。誰も好き好んで病気になるわけじゃないし、好き好んで突然、伴侶を失うものでもない。しかし、病は突然予告もなくやってくる。その病が脳卒中であったり、心臓発作であったり、癌であったりする。発病しなければ誰もその病に気付かない。発病してもその病気を克服し、完治できれば問題はない。しかし、運命は残酷なものである。ある日、突然、脳卒中発作を起こし、病院に担ぎ込まれた時点で、その後の運命が決まる場合がある。病院としては発病の原因とその時に必要な医療手段を講ぜられるが、不幸にも重度の後遺症を残す場合もある。家族にとっては全く平穏な生活からある日突然、重度の病人を抱え込むこととなる。

ほとんどの場合、家族といっても同年齢であるために、その看護も介護も頭で考えるほど容易ではない。急性期病院は、限られた病床を有効に使うために、当初から在院日数が想定されている。家族にとっては病院から帰されたその日から全く経験したことのないような介護生活が始まるわけだ。以前はこうした介護は無償であり、家族がするのが当然という考えで理解されていた。20年前に介護保険が提唱された時、これによる福音が非常に期待された。しかし、介護保険にも限界があり、結局家族の犠牲に成り立った介護しか現実にはないのである。

強制的に帰された重度の方を介護する必要性のために、多くの悲劇が生まれた。老老介護の共倒れ、独居老人の孤独死、老老介護の疲れからくる家族の自殺など、これらの話は枚挙に絶えない。こうした問題を少しでも解決しようと、当法人が開設したのが老人ホーム太郎と花子である。老人ホームといっても在宅に準ずる収容施設のため、先天性疾患、分娩障害、労災事故の被害者をも含めて国の収容施設の不足を補うべく、当法人の職員は日夜研鑽している。

今後、独居老人のためのスペースを多く作るのか、障害がある方を多数収容するための施設にするのか、老老介護の家族の疲弊を解消するために施設を開放するのか、まだまだ解決付けなければならない多くの問題が残っている。こうした問題を国や地方行政に責任を問うのではなく、フットワーク良く困った方を1人でも救済するために当法人は職員あげて知恵をしぼっている。これらの問題を解決する答えは病人とそれを取り巻く家族の中にあると認識しているから。

名古屋大学名誉院・さくら総合病院名誉院長・さくら総合福祉センター 総合センター長|吉田 純

さくら総合福祉センター
総合センター長からのメッセージ

名古屋大学名誉教授
さくら総合病院名誉院長
さくら総合福祉センター 総合センター長|吉田 純

Message from Jun Yoshida

 医療法人医仁会のさくら総合病院とさくら総合福祉センターは高速道路小牧インター付近の41号線沿いに位置し、外観は病院らしくない建物。明治時代にジョサイア・コンドルが設計したヨーロッパの近代建築を参考にして建築されている。中を覗けば、前者には、アスクレピオスを、後者の有料老人ホーム「太郎と花子」の一階ロビーにはパリのルーブル博物館に設置されているサモトラケのニケと同じ女神像が建てられている。後者には300床の有料老人ホームの他、118床の老人保健施設「さくら荘」、デイケアセンター「御嶽」、そして訪問看護ステーション、ヘルパーステーション、居宅介護支援事業所からなる「あすかビレッジ」が併設され、医療から介護・福祉へと連携する地域完結型福祉事業を進めている。

 

そして現在、平均寿命が80歳を超える超高齢社会においては、これまでの病院完結型医療から地域連携型医療へ転換、また慢性疾患中心の医療は病院から生活の場へと大きくシフトする事になった。さらに行政は医療・介護・福祉の一体化を目指した地域包括ケア体制を求めている。さくら総合福祉センターでは多職種連携の情報共有基盤である各種電子連絡帳を活用し、介護・福祉住人の管理などを実用化し、今後地域医療連携並びに地域福祉連携による地域包括ケア事業にも積極的に参加していく。


住宅型有料老人ホーム太郎と花子 事務長|桂川 成治

さくら総合福祉センター
事務長からのメッセージ

さくら総合福祉センター 事務長|桂川 成治

Message from Seiji Katsuragawa

医療法人医仁会 さくら総合福祉センターは、住宅型有料老人ホームの他、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、デイケアセンターなどの事業所を擁し、医療面では法人内の“さくら総合病院”の全面的バックアップを受けながら、トータルで福祉サービスを提供しています。

現在厚生労働省が推進する地域包括ケアシステムにおいて、中核的役割を果たす事業所として期待されているのが訪問看護ステーションです。当福祉センターの訪問看護ステーション“あすかビレッジ”は、尾張北部地区で最大規模を誇っているばかりではなく、呼吸器管理・気管切開管理・経管栄養など、医療依存度の高い利用者様の受け入れ体制を整え、多くの利用者様の様々なニーズに対応しています。

当福祉センターの特色である医療サポート体制を2点ご紹介します。
第一に、多くの有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅では、利用者様の体調が悪い場合、施設からの連絡でご家族の方が施設まで行き、利用者様を提携病院などへ連れて行きます。このような場合でも、当福祉センターでは、ご家族の了解のもと施設職員が病院まで同行し受診のお手伝いをします。

第二に、利用者様の急変時等に対応するため、“さくら総合病院”とドクターカーの運用で連携を図っています。ドクターカーには医師等が乗車し施設まで利用者様を迎えに来ます。迅速かつ適切な対応で、利用者様とご家族に安心して施設をご利用していただいています。

いつまでも住み慣れた場所で暮らしたいという利用者様のご希望に応えるため、在宅復帰に欠かすことのできない通所リハビリテーションサービスを、“デイケアセンター御嶽”と“デイケアさくら荘”で提供しています。利用者様からはサービス内容に高い評価をいただき、デイケアセンターでは、ほぼ毎日定員いっぱいの状態が続いています。

さくら総合福祉センターでは、住宅型有料老人ホーム、介護老人保健施設以外の“ショートステイ太郎と花子”でも、緊急時など柔軟に受け入れを行っています。利用者様の個別的経済的状況、医療的処置等、どんなことでもご相談ください。可能な限りご相談に応じています。